キャバクラ日本縦断日記其の一

おはようございます。

宵越しです。

早速先日北海道はすすきのよりキャバクラ巡りを開始致しました。

まずは旅先ではお決まりの無料案内所へGOしました。

そこで規模や店舗数基本的な相場価格をチェックします。

私の場合はそこで終了です。

店員に案内はして貰いません。

店員に案内して貰うと当たり前ですが目当てのお店まで一直線ですので、私の場合はその街の繁華街をぐるっと一周はして街独特の雰囲気なども肌で感じて楽しみます。

店に入る前に北海道では飲み屋系業種の呼び名が特殊なものになっている全貌を解説したいと思います。

少し長くなりますがご勘弁。

簡単に解説すると一般的なキャバクラサービスのお店は北海道ではクラブもしくはニュークラブと呼ばれており北海道でキャバクラといえばその内容はいわゆるセクパブに近いです。

それぞれの業種が少しハレンチな方向に一段スライドしていると考えればわかりやすいわけですがなぜ北海道では全国他県と違う呼称が付けられているのか?

実は、札幌ならではのはっきりとした理由がありました。

その源流を辿っていくと80年代後半から90年代のキャバクラブームまで遡ります。

当時ススキノでは客に密着しての膝乗せサービスが当たり前になっていたなど他エリアでは見られない独特のスタイルが流行しておりテレビの深夜番組や新聞・雑誌をはじめとするマスコミ媒体にも注目され「ススキノのキャバクラは過激」という評判になっていました。

そんな名残が今なお脈々と活き続けている為、現在でも密着サービスは普通にあり中にはダウンタイムまで設定しているお店も存在しています。

キャバクラという呼称でありながら過激サービスがあるのはそんな歴史的な流れに影響されている為だったのです。

最近首都圏などで注目され増加傾向にあるいちゃキャバも新業種と言われてはいるがルーツはススキノスタイルにあると考えていいでしょう。

ちなみにそんなススキノスタイルのサービス内容がより過激なソフトエロとしてシステム化され全国的に広まったものが90年代中盤に登場したセクシーキャバクラになります。

以後爆発的な人気を呼んだこの業種ですがセクキャバ、セクパブ、おっぱいパブなど地域や店舗によって呼称がバラバラになっているのは密着やタッチといった内容は本来違法サービスなので業種はお店側が独自に名乗るしかなかったためでサービスがまちまちなのも同じ理由からと言う事です。

予想以上に長くなってしまい、疲れてしまったので入店後の続きはまた明日にします。

では。

柏 キャバクラ

サブコンテンツ

別れさせ屋を有効活用しよう!

別れさせ屋とは本当に便利なもので普通では自分の力で他人同士の付き合いを終わらせる事など不可能ですが、巧みな技でそれを実現させてしまう客観的に見れば末恐ろしいサービスをしてくれます。

自身の人生の為に成功率の高い別れさせ屋を有効活用してください。
一言に「別れさせ屋」と言ってもその内容的には別れさせ屋工作はもちろんの事、他にも復縁工作や出会い工作や離婚工作といった幅広い恋愛工作を展開しています。
他人に対して心情的な工作を仕掛けると言った点はどの恋愛工作においても共通点としてある様です。
人の人生において必ずと言っていい程付き纏うであろう異性との恋愛トラブルは非常に重要な問題です。
安易に考えるのではなく、真摯に問題を受け止めて早期解決を図りましょう。

本気で考えた時に恋愛のスペシャリストである別れさせ屋という存在が1つの目標を達成する為のコンテンツとして認識して頂ければいいでしょう。
この様な恋愛トラブルは長引けば長引くほど状況は悪化していくばかりです。
人生一度きりです。
どこかで思い切った決断をしてみてはいかがですか?

柏のキャバクラを探すならこちら

このページの先頭へ